離婚の原因ランキング(主な理由)

 

離婚の原因ランキングで、上位なのが浮気です。

 

離婚の原因ランキングで、上位なのが浮気です。

男性の場合浮気と言ってもキャバクラや風俗などプロの女性と、一般の女性とのケースがあります。

 

離婚に至るのは、一般の女性で精神的な繋がりがあり離れられないのです。

 

夫が怪しいと思ったら、勝手にスマホを見たりしないで早めにプロに相談しましょう。

 

離婚する気がなかったとしても、証拠だけはつかんでおくことが大切です。夫から、離婚を申し出ることもあります。もしも、夫から離婚を言われてもすぐに応じる必要はありません。夫が家を出ても、籍が入っていれば婚姻費用を請求することができます。

 

男性でも女性でも、ひとりで解決することは難しいので専門家と一緒に一番いい方法を考える必要があります。子供がいる場合は、子供たちにとっていい環境を整える義務が親にはあります。離婚届にすぐに判を押すのではなく、子供たちの養育費のこともしっかり決める必要があります。

 

同じくランキングで上昇しているのが、配偶者の親との問題です。

 

同居問題や介護の問題で悩む男女が、多いです。最近では、婚活するときにはっきりと同居はしないという女性も増えてきました。また、同居はしていなくても何かと干渉が激しい義理の親とは、うまくいきません。

 

これは妻側の親も、同じことが言えます。育った環境が違う二人なので、風習や習慣が違って当たり前です。20代30代の夫婦は、親の世代と比べて共働きも増えています。従来と同じ専業主婦の家庭とは、一緒にならないことを理解してく必要があります。

 

お金のトラブルも、離婚の原因で多いです。

 

お金のトラブル

配偶者の浪費癖や、ギャンブル、借金などが問題になります。ギャンブルや借金は依存症で、なかなか解決しないことが多いです。

 

配偶者のためにも、別れが方がいい場合があります。まじめに働いても、リストラや病気で生活が苦しくなることがあります。

 

これからは、妻も経済力を持っていないとリスクに対応できない時代になっています。

 

専業主婦の場合は、正社員として再出発が難しい環境にあるのが現実です。お金のトラブルを受けるのは、子供たちです。将来の進路まで、変更するケースもあります。子供たちの幸せのためにも、お金のことは早くからしっかりとした計画が必要です。

 

言葉の暴力で、離婚を考える夫婦も増えています。

 

一生懸命に努力しても、認めてもらえないとつらいですね。言葉によって、精神的にショックを受けて離れていくケースも多いです。

 

本人は言葉を出すことによって、ストレスをぶつけているのかもしれませんがモラハラということに、気づいていません。

 

実際に暴力をふるわれたことで、別れるケースは多いです。

 

口下手な男性に多いですが、女性の心の傷は大きくなります。けがをするようなことになる前に、逃げることが必要です。

 

自治体の女性センターで、しばらく預かってくれるnpoもあります。子供への影響も大きく、精神的に病むケースもあります。

 

 

平成に多くなったのが、性格の不一致です。

 

平成に多くなったのが、性格の不一致です。

まじめに働いて、お給料も家庭に入れている。家事も協力している男性が、妻に離婚を言われることがあります。

 

昔の結婚は、女性の生活保障の面がありました。現在、経済力を持っている女性が多いので一緒に暮らしていくパートナーとして夫のことを見る女性が多いのです。

 

性格が合わないとわかって、一緒に暮らすことがつらいと感じたときに離れていく夫婦がいます。こちらは、思いやりがあれば修復が可能な場合があります。夫婦でカウンセリングを受けたり、話し合いを重ねて成功するケースもあります。

 

30年連れ添った、熟年離婚も増えています。

 

いままでの夫や妻の態度に我慢できないと思って、決意します。子供たちの独立までと思って、耐えた方も多くいます。子供たちが巣立った今、老後を一緒に暮らす人ではないと判断したケースが多数です。

 

夫や妻の親の相続ができて、まとまったお金が入ってきたというケースもあります。年金分割や、慰謝料は勝手に決めると、トラブルが多くなります。こちらも専門家に、任せたほうが安心できます。

 

まとめ

 

離婚に至るケースはいろいろですが、精神的なダメージはとても大きいです。しっかりとサポートしてくれる人が、必要になります。法律のことは、ある程度事前にネットでも調べられます。お金のことは大切ですが、それ以上に心の健康が大事です。

 

心の健康を崩して、体調が悪くなり働けなくなるのがいちばん怖いからです。離婚になりそうになって、危機を修復した夫婦もいます。相手の立場になって、話をよく聞くことが大切です。子供たちの幸せを考えて、踏みとどまった夫婦もいます。

 

配偶者より親のことを考えることは、うまくいかないケースが多いです。自分たちが新しく家庭を運営していくという、気持ちが修復の一歩になることがあります。弁護士や裁判所に相談して、客観的にアドバイスしてもらうという方法もあります。二人だけでは、見えないことも多いのです。